太陽光発電システムを設置する場合、一般的には設置業者との間で契約を結びます。
この工事ですが、工事に伴う金額はもちろんのこと、着工日や完成の引渡し日、そして入金スケジュールなどの記載された契約書を結びます。
これ以外にも、太陽光発電を設置するには、様々な手続きがあるため、業者選びがとても肝心になります。
業者を選ぶとき、皆さんはどのように選んでいるでしょうか。
多くの方は、近くに太陽光発電の設置業者があるから、それでいいやと思っているでしょう。
しかしそれは、半分は正解ですが、半分は不正解です。
半分正解というのは、自治体によっては、地元の業者でないといけないという場合もあります。
もちろん、自分で設置しようと思って設置できないものではありません。
また、安い他の遠方の業者に頼んでも構いません。
しかしそれですと、自治体から補助金がもらえない場合が多いです。
自治体から補助金をもらうためには、地元の設置業者を選ばなければならないのです。
しかし、その地元業者の中でも、しっかりと比較をしなければなりません。

そんなときに便利なのが、見積りを取るということです。
見積りというのは、ただ金額だけ見ればいいというわけではありません。
見積りには、その業者の誠意が記されているといっても過言ではありません。
つまり、商品情報がしっかりとしているということです。
例えば、見積りの項目の中に、「その他」という項目があり、それがかなりの割合を占めているとしましょう。
これはかなり不明朗な見積書といわざるを得ません。
見積書であるならば、「その他」の部分もつまびらかにしなければなりません。
太陽光発電の設置の場合、住宅と違って、それほど項目が多いというわけではありません。
ですので、その他の部分も、全て明確にしようと思えばできるわけです。
価格が安いがそのあたりが不明朗な業者と、価格は多少高いが、項目が明朗な業者であるならば、迷わず後者を選ぶべきです。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>