太陽光発電パネルを製造しているメーカーというのは、実にたくさんあります。
ここからは、そのメーカーを紹介して行きたいと思います。

まずは、パナソニックです。
パナソニックというのは、どちらかというと、太陽光発電に関しては後発組でした。
しかし、それが大きく変わったのが、国内メーカーの買収でした。
大阪にある太陽光発電のパネルメーカーを買収したことにより、素晴らしいノウハウを手に入れることができたのです。

その技術の特徴といえば、何といっても発電効率の高さです。
発電効率がよいということは、どのようなことを意味するのでしょうか。
まずは、限られたスペースを有効活用できるということがあります。
日本の屋根は、あまり大きいとはいえません。
同じ床面積であったとしても、その屋根の形状によって、発電効率は大きく異なります。
もっとも発電効率がよい屋根の形状は、切妻式です。
切妻式の場合、屋根の表面は長方形をしていますので、太陽光発電パネルをめいっぱい置くことができます。
一方、寄棟式の場合、屋根の表面は三角形をしていますので、四角の太陽光発電パネルを置くと、デッドスペースが生まれます。
また、陸屋根の場合には、屋根は平たくなっております。
一見すると面積は多く取れそうですが、パネルには角度をつけなければならないので、発電効率は少し悪くなります。
どんな屋根でも、一定以上の発電量を担保してくれるのです。

また、気象条件の悪いところでも、一定の発電量を約束してくれます。
西向きしかパネルの向きができないという場合があるとします。
一般的に、南向きが最良の方位であるといわれています。
仮に西向きだとすると、南向きを100とした場合、80程度の発電量しか担保されません。
しかし、そもそも南向きを120とすれば、西向きであったとしても100弱はいくはずです。
しかし、パナソニックの太陽光発電パネルを使えば、西向きであってもそれなりの発電量はできるのです。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>