京セラの太陽光発電には、以下のような特徴があります。

まずは、一貫生産を行っているということです。

前述した東芝の場合、東芝が担当しているのはあくまでも販売と保証の部分だけです。

その他の生産や研究といったものは、海外のメーカーにまかせっきりとなっております。

確かにこれですと、効率としてはかなりよいことになりますし、リスクも軽減されます。

しかし、自社の製品と胸を張って言えるものではないことは確かです。

一方、京セラの製品であれば、胸を張って「これは自社の製品です」ということができます。

京セラの場合、太陽光発電は長いこと使うものなので、その品質には責任を負うという考えがあります。

そのため、素材の研究からシステムの生産までの全工程を、一貫して自社で行っております。

この品質の高さは、世界有数の第三者期間でも認められております。

また、京セラの太陽光発電は、実に様々なところで使われております。

住宅はもちろんのこと、サッカースタジアムの屋根の部分にも使われています。

また、メガソーラーを越えた「太陽光発電施設」を製造しております。

さらに、ハイブリッドカーのルーフ部分に取り付ける太陽光発電パネルにも、京セラの製品が使用されております。

それ以外にも、商業施設の自家発電分をまかなうソーラー設備にも使われております。

しかも日本だけではなく、アメリカやヨーロッパ、そしてアジアなど世界各国に進出しているのです。

京セラの太陽光発電のもうひとつの特徴、それは質より量ということです。

質より量というと、何だか粗悪品なのではないかという考えがあると思います。

確かに、究極の変換効率を求めることも、太陽光発電のひとつではあります。

しかし、最初に言いましたとおり、黎明期というのは何かとコストが高くなるものです。

それでは普及が進まないので、京セラの場合には普及に主眼を置いた企業戦略となっております。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>